読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学院生のブログ

人生まるごと今後の課題

太った

太った。事実だ。目をそらすわけにいかないだろう。

修士論文を執筆する間、私はほとんど運動をしなかった。カメラを持って出かけることも、ポケモンGOもしなかった。その上、ストレスから来る過食で、ばりばりばりばりクッキーを食った。もともと太りやすい上に、これだけの条件が整ってしまえば、目指すは肥満。それのみである。

この間実家に帰ったとき、親の第一声は「アンタ太ったね!?」だった。言わずともわかる。去年に着ていた服たちが、悲しいまでに現実を突きつけてきているのだ。腕もパンパン、尻もパンパン、風船になって空に浮かぶのか?と言わんばかりの勢いだ。顔に至っては、満月もかくやというレベルの真ん丸である。これは非常にまずすぎる。

鏡を前に矯めつ眇めつ、後悔を続ける生活は無意味。そう悟ったので、とりあえずは歩くことから始めた。傷んでしまった靴を捨て、アシックスのウォーキングシューズを新たに購入。中敷もちゃんとスポーツタイプを選んで買った。もともと歩くのは好きである。気が向けば10km、余裕で歩く。これを一週間続けていると、むくんでいた分が流れたのか、とりあえず少しはましになってきた。良し。

次は筋肉を補っていく。もとから体幹の筋肉が、平均の6割くらいしかない(少し前にジムで測った)。腕に至っては、一生で一度も腕立て伏せに成功したことがない。ここいらで一発、筋肉をつけようと思い立ち、みんな大好きYoutubeで動画を探す。この間から続けている、ヨガの動画に筋トレバージョンを発見した。これならできそう。

youtu.be

この動画のよいところは、「この姿勢が難しい人は」と代案を用意してくれるところだ。やる気はあっても筋肉はないから、はじめから普通の人と同じ動きをするのはきつい。それで一度も成功しなくて、いやになって放り出すよりは、簡単なポーズで筋肉をつけながら、根気よく続けるほうがよいに決まっている。

実際、これらの動画にしたがってトレーニングをしてみると、本当に次の日、筋肉痛が襲ってきた。これは確実に効いている。この調子で、ダイエット、かつ、基礎体力を取り戻していきたい。