読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学院生のブログ

人生まるごと今後の課題

吉田寮のおかげで英語が話せるようになった

修論提出のちょっと前、あまりにも鬱屈していたので、留学生との交流事業に顔を出した。折り紙のワークショップで、留学生たちと一緒にいろいろ折るアクティビティ。私は折り紙が趣味なので、この記事で紹介したような作品を持っていったら、たいへん喜んでもらうことができた。

zarameyuki.hatenablog.com

折り紙はいい。紙さえあればどこでもできるし、わざわざ綺麗な紙を買わずとも、コピー用紙やチラシを利用して折ることもできる。一方で紙にこだわれば、インテリアにもできるレベルのものが作れる。

そんなわけで、留学生たちとへろへろな英語で交流しつつ、一緒に折り紙を楽しんだのだが、そこで知り合ったコロンビア人の留学生から、突然メールがやってきた。聞くと、アメリカからやってくる8歳の女の子に、折り紙を教えてほしいという。

その子のファミリーは世界を回っているらしく(すごい)、それぞれの国の滞在中は、現地の人間から伝統文化を教わって回っているそうだ。それで日本では折り紙をやろうと考えたらしいのだが、すでにその子は母国の「折り紙クラブ」でいくつかの折り方を身につけており、観光客向けのビギナーメニューが物足りない。それで、難しいメニューを教えて欲しいとのことだった。

そういった経緯があって、いまはその子のファミリーと打ち合わせをしている。英文メールを打つのはなかなか骨が折れる。日本語なら、たかだか5分で打ち終えるような内容なのに、英文となると30分もかかってしまう。己の英語力のなさに驚くが、それでもなんとか意思疎通がはかれるようになったのは、思い返すと吉田寮でのパーティがきっかけだったように思う。

それはある日、私がアパートに帰ろうとしていたときのこと。コンビニに寄ると、研究室の先輩がいた。先輩はこれからパーティに行くのだと言う。「よかったらどう?」と言われ、「行きます」と適当に返事をしたところ、それは吉田寮のパーティであった。

寮の一室へのこのこ向かうと、部屋は謎の空間である。謎の置物、謎のお札、謎の人物、謎の言語。すべてが謎の空間の中に、すでに8人ほどのメンバーがいる。どうやら持ち寄りパーティーらしいが、何の料理なのかよくわからない。メンバーの国籍も不明である。

私は緊張と、英語への引け目で小さくなっていたのだが、参加者の一人(中国人らしい)は容赦無く質問を投げかけてくる。とてもおだやかな微笑みを浮かべ、「君は天皇制についてどう思ってるの?」

黙っているわけにもいかないので、へろへろの単語でなんとか意思を伝えようとする私。気づけばへろへろながらも、なんとか会話が成立していることに気づく。そこにいたのが全員、アジア系だったというのもあるかもしれない。ともかくそのとき、私は「意外と通じる」ことに気づいのである。

それからというもの、私は拙いながらもなんとか英語を話すようになった。京都は英語を話す機会にあふれているので、上達も早い。
そのおかげでこんな風に、世界を回っているファミリーと話すこともできるのだから、吉田寮さまさまだなと思う。来たる折り紙交流の日までに、便利な表現を覚えておかなければならない。