読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学院生のブログ

人生まるごと今後の課題

目が痛い

ここ数日、目の調子があまりよくない。眼鏡をかけていても字がちらつくし、目の奥がぎゅうっと痛いような感じがして、「光が目に痛い」のだ。

この症状は、論文を出し終えたあとくらいから自覚するようになった。はじめは視力が下がったのかと思い、(うっかり眼鏡を踏んで曲げたこともあって)眼鏡屋に相談してみた。いろいろな検査をしたところ、度数の問題ではなく、疲れ目の問題だという。レンズをいろいろに交換しようが、やっぱり字はぼんやりしたままだったのだ。

そうですか、ありがとうございます、ってな感じで眼鏡屋をあとにしてから2週間。
字がぼやける症状は、前よりもひどくなっている。目の痛みも、もはや隠しようのないほどになってきた。iPhoneの画面もパソコンの画面も、白黒反転してみた。それでも治らない。光が目に痛い。

蒸しタオルがいいというので、それもやってみた。なるほどこれは気持ちいい。熱に溶かされて、眼球の緊張がじわじわと緩んでいくような感じがする。けれどもそれだけだった。タオルをどければすぐに痛みは戻ってくる。光が目に痛い。

友人は「パソコンの見過ぎ」と言うけれど、そもそも、私は仕事でも研究でも趣味でもパソコンに向かわなければならないのだ。目を使わないとなると、いったい何ができるのだろう?目を使わないと、生産的なことはできそうもない。光が目に痛い!

おそらくは友達の言うとおり、パソコンの見過ぎなのだろう。ここ数日、雪が降るほど寒かったのもあって、全身の筋肉が緊張しているのかもしれない。
しかし……目が使えないというので、これほど絶望的な気持ちになるとは思っていなかった。「毎日続ける」のを目標にしていたブログだが、症状がおさまるまで、少し休んだほうがいいのかもしれない。誰か助けてほしい。