読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学院生のブログ

人生まるごと今後の課題

井上章一『京都ぎらい』感想

書籍レビュー

2016年度の新書大賞を受賞した、井上章一『京都ぎらい』。とかく「京都サイコー」「千年の都」と持て囃す本が多い中で、なかなかパンチの効いた本が出たもんだなと思う。

www.j-cast.com

私はハナから「よそさん」なので、どちらかというと「京都サイコー」と言ってしまいがちな人間だ。しかしまあ、嫌なところがあるのも否定はしない。この本でも書かれていたけれど、観光シーズンの寺院は相当がめつく感じるし、それを「志納金」なり何なりと言い張って税金逃れをしているのはちょっとえげつない。

この本では、そんな私のモヤモヤを筆者がするどく攻撃している(らしい)。それはぜひ一度読んでみなければ。そんなわけで、この本を手に取ってみることにしたのだった。

面白かったポイント

「京都出身」「京都市出身」「京都府出身」の違い

はじめに前置きがあるように、著者は「京都市」出身。わざわざ「京都市」と言ったのにはわけがあって、単に「京都」としてしまうと、たいていの場合、それは洛中をさすからだ。

著者が生まれた右京区嵯峨は、この洛中からは疎外される部分。つまり、「田舎」の部分にあたる。それで、単純に「京都出身」と言えないのだという。筆者はまず、この「出身地差別」に対してするどく攻撃を浴びせはじめる。

京都の「出身地差別」に関しては、「県民あるあるネタ」では頻出のネタだ。いわく、御所の南が一番ランクが高く、山科区伏見区は「京都」からは疎外され、宇治市亀岡市ともなると話にも上がらない、というふうに。

この本いわく、あの高名な学者・梅棹忠夫ですら嵯峨なまりはバカにしていたという。関東には詳しくないが、たとえば東京では、奥多摩地域のような扱いなのかもしれない。

調子に乗らせる東京、乗らせない大阪

京都はプライドの高い街だ。私なぞは、そのツンとした感じが逆にかわいいというか、「ウンウンそうだね綺麗だね」と言ってあげたくなるのだが、それが鼻につく人も少なからずいる。

筆者は京都のそういったプライドを、「東京が調子に乗らせるせいだ」と断じる。
東京に限らず、京都には全世界から人が訪れる。そして(交通状況に関しては文句も言うが)「綺麗、素敵、歴史がある、趣がある」と褒めそやす。批判的な人はそもそも京都にやってこないから、結果的に、京都人のプライドがのさばるのだと主張するのである。

さらに筆者は、京都を過度にありがたがらず、鼻で笑ってくれるのは大阪だという。
この点に関しては、確か鷲田清一も『京都の平熱』でふれていたはずだ。鷲田の場合は神戸もここに入れ、「京阪神」として語っていた。洋風文化の香り高い、おしゃれな神戸。安くてうまい、あきんどの街大阪。そして、気位の高い、古都・京都というふうに。

たしかにこれら三つの街は、互いに全く違った雰囲気を持っている。どれが優れているというのでもなく、単に「違っている」。
だから過度にありがたがることもなく、「たまにふらっと遊びにいく」くらいの立ち位置にいるのかもしれない。(どれも阪急電車に乗れば、1時間くらいで行ける場所だ)

キャバクラにはまる僧侶たち

さて、本書の中でなかなかショッキングなのは、びっくりするほど俗気にあふれた僧侶の存在だろう。
祇園のお茶屋さんで、僧侶が袈裟を着たまま、芸妓さんと戯れている。そんな光景の話だ。中には「花街は自分たちでもっているようなもの」と言ってしまうような僧侶もいるらしい。一般的な仏道のイメージとは、かけ離れたエピソードだ。

この本を読んだ人の中には、「いやあ、さすがに嘘でしょ」と思う人もいるかもしれない。けれど私は、「やっぱりそうなのか」と思わざるを得なかった。それは私も知人から、同じような話を聞いていたからだ。

知人はパートタイムで「夜の蝶」をしており、ときおり祇園で働いていた。そして祇園のネオン街には、実際に僧侶がよく出入りするのだという。

おまけに出入りする僧侶は、京都の僧だけと限らない。京都は仏教関連の大きな行事が山ほどあるから、全国各地から僧侶が集まってくる。そしてその時期には、僧侶が夜な夜な祇園へ繰り出してくるのだという。

知人曰く、こういった行事の時期は「書き入れ時」とのこと。「坊主は金払いもいいし、粘着しないから超いい客」だそうだ。「花街は僧侶でもっている」という主張の真偽はわからないが、少なくとも、部分的には貢献しているところがあるのだろう。思わずウームと唸らざるを得ない話だ。

気になったポイント

前半と後半で雰囲気がちがいすぎる

ところがこの本は後半になって、なんだか突然失速する。

突然、まとまりなく歴史のウンチクが始まり、天皇家は京都に来るべきかとか、国歌は強制するべきかとか、あまり『京都ぎらい』には関係がないのでは?という著者の主張がはじまる。

著者もそれはわかっているようで、セクションの最後に「あまり関係はないが、一応、書き留めておくことにした」ってな感じで逃げを打っている。そしてその回数がけっこう多い。
正確にカウントはしていないが、ウダウダ〜っと書いたあと「ま、本題と関係ないけどね」を繰り返されるとずっこけそうになる。それは最初に書いてくれよ。

隣のおやじに説教される気分

そんなわけで、後半になっていくにつれ、だんだんと流し読みっぽく読んでしまった。
Amazonのレビューに「居酒屋で隣のおじさんの話を聞いているような感覚」とあったが、まさにそんな感じ。途中まではフムフムと聞いているのだけれど、だんだん「最近の若者は〜」が始まって、「ウヘエ!そろそろ逃げよう」ってなるアレ。

三章くらいまでは楽しく読めたのに、四章・五章の「ウヘエ」感が私にはちょっときつかった。このあたりは、編集の段階でなんとかしてほしかったのだが……。偉い先生だから、口が出せなかったんだろうか。いろいろと出版社の内情を考えてしまう。

"KIOTO"のエピソードの下品さ

あと、個人的には"KIOTO"のエピソードの下品さが気になってしまった。
要約すると、「筆者がブラジルに行ったとき、"KIOTO"という会社を見つけた。何の会社かと思ったら、ゴキブリ退治の業者だったのだ。ツンとすました京都も、ブラジルではゴキブリのイメージだぜ。ニヒヒ」ってなエピソード。

これは「批判」というにはあまりにも下品すぎはしないか。他のエピソードでは(こじつけに近いものもあるにしても)まあまあ詩的に京都をなじっていたのだが……。個人的には、このセクションはいらなかったように思う。

全体を通して

「新書」というジャンルであることや、前半のおもしろさを考えると、読んで損はないクオリティだとは思う。あくまでも「居酒屋で隣のおじさんが話しかけてきた」くらいのスタイルで。

ただ、この本をフルプライス(821円)で買うかどうかは悩みどころ。同じような雰囲気の本なら、鷲田清一『京都の平熱』のほうが個人的にはおすすめできる。

『京都ぎらい』を読むならば、それぞれのエピソードをかるく楽しむつもりで読むのがいいだろう。全体としてはそういう感想をもった。

bookclub.kodansha.co.jp