読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学院生のブログ

人生まるごと今後の課題

Keynoteを使って「交換ノート」を作った

雑記

交換ノート。

懐かしい響きです。小学生のころは複数のグループに所属していたので、毎日のようにノートが回ってきました。その頃はまだ、今みたいにオシャレな感じのノートはあんまりなくて、ただの大学ノートでした。狂ったように書いて書いて書きまくったあの日。論文もそのくらいハイペースで書ければいいのにな……。

と、ノスタルジアに浸りながらこたつでゴロ寝していたら、ふとこんなことを思いつきました。

「大人になった今こそ、交換ノート、欲しいな……。」

院生生活を送る上で、(私を含め)多くの学生が挙げるつらさ、それは「孤独」

ほかの学生とコミュニケーションを図ろうにも、くだらねえ質問や世間話はしにくいものです。とはいっても、ビジネスライクな会話だけではちょっと寂しいなと思う場面も。ベタベタしすぎる必要はないですが、ちょっとした雑談ができる状態になっておくと、困っても助けてもらいやすい & 助けやすいですよね。

とはいえ、やはり大人同士ですから、いざ話すとなると何かと気を使います。「この話題には突っ込んでもいいのか?」とか、「今忙しいかな……」とか。
「コミュニケーションを取りたくない人なのかな?」と思っていたら、意外にも話好きだったとか……。いろいろありますね。

そこで交換ノートです。参加してくれるということは「コミュニケーションをとりたい」ということなので、遠慮することはありません。書かれた内容は相手が「話してもよい」と思っている内容、触れてもよい内容ということになるので、遠慮なくツッコむことができます。これだ!!!

というわけで、Keynoteを駆使して作ってみることにしました。完成形はこちらです。

f:id:zarameyuki:20170116200446j:plain

今思うと、もうちょっと「院生ならでは」感を出せばよかったかなと思うのですが……。たとえば「最近思いついたアイディア」欄を設けるとか。これじゃ市販のと変わらねえ。

まあそこは各自でカスタマイズしてください。メイキングを公開します。

構成要素の検討

まずは交換ノートの構成要素を検討します。今回は「自分が書きたい & 知りたい内容」を鑑み、以下のような項目を設けることにしました。

  • 今日の報告
    ざっくりした進捗報告のため。

  • よかったこと & 困ったこと
    「おめでとう!」って言ってもらいたいし、「ドンマイ!」って言ってもらいたいから。

  • ランキング
    「最近見た映画」「最近読んだ本」なんかは、話題に挙げやすいので。

  • 質問コーナー
    気軽に質問できるコーナーが必要だと思った。

  • フリースペース
    進捗報告と関係なく、「腹がいてえ」とか「金が欲しい」とか書く。

作業工程

まずは背景に色をつけ、ページ中央の目安として線を引いておきます。

f:id:zarameyuki:20170116200656p:plain

そのあと、「表」を使って「今日の報告」欄を作ります。
適当に行数と幅を設定し、「1行おきに色をつける」。色は紫にしました。

f:id:zarameyuki:20170116200726p:plain

「図形」からフキダシ型を選び、それぞれ「よかったこと」「困ったこと」スペースとして配置します。あとからイラストを入れるつもりなので、適当に空白を作っておきます。

f:id:zarameyuki:20170116200744p:plain

右側のページに移り、「ランキング」コーナーを作ります。「図形」から丸くて長細いやつを選んで、適当に伸ばしてコピペ。色は同系色のグラデーションにしました。使う色を絞っておくと統一感が出るらしいです。

f:id:zarameyuki:20170116200829p:plain

あとはよくある「恋バナ」コーナーみたいにハートマークの図形を使いたかったのですが、Keynoteの図形にはハートマークがありませんでした。仕方がないので、比較的形が似ている五角形を使用。

f:id:zarameyuki:20170116200850p:plain

こんな感じで、ページの土台が完成!

f:id:zarameyuki:20170116200916p:plain

ここからは、みんな大好き「いらすとや」の素材をバシバシ貼っていきます。バランスを見ながら、図形の位置を変えたりもしました。

f:id:zarameyuki:20170116200940p:plain

一気に画面が華やかになりました!ありがとう、いらすとや。

あと、素材を探しながら思ったのですが、やっぱりマニアックな素材多くないですかね?「ジャコウネコのフンのイラスト」とか……。そういう、カオスなイラストばっかり貼ったバージョンも作りたくなりました。「将来のことを考える人のイラスト」「パソコンに文句を言っている人のイラスト」あたりは使おうか迷いましたがやめました。代わりにかわいい動物のイラストにしました。平和。

さて、土台は完成したものの、なんだかのっぺりした印象です。というわけで、下のほうに芝生、上のほうに日除けのイラストを追加。「最背面へ」を押し、背景にします。

f:id:zarameyuki:20170116201311p:plain

完成〜!

記入するとこうなります。

f:id:zarameyuki:20170116201343j:plain

いいですね!……いや、いいのか?

ともかくも完成しました。よく考えると誘う相手がいないなってことに気付いたのですが、まあいいでしょう。製作時間は1時間くらい。作ってて楽しかったです。

そうそう、作ってる間に、Keynoteって結構便利だなってこともわかりました。具体的には、以下のような機能をよく使いました。

グループ

commandキーを押したままポチポチしていくと、「複数選択」ができます。その状態で右クリック(control + クリック)し、「グループ」を押すと選択したオブジェクトをまとめて扱うことができます。

ロック

オブジェクトの数が増えてくると、誤クリックも増えるので「あああああああああそれは動かしたくないんだよ」ってなります。そうならないようにするのが「ロック」です。
右クリックして「ロック」を押すと、オブジェクトがそこから動かなくなります。「グループを解除」すれば、また動かすことができます。

整列

「いらすとや」で配布されている文字は、1文字ずつがバラバラの素材です。これらをテキトーに並べたあと、ビヨンっと全部選択して「下揃え」→「均等に整列(横方向)」するといい感じになります。並べたあとは「グループ」にしておきましょう。

 

私の知り合いに、Keynoteの基本動作はクソコラ製作で覚えた」という人がいます。こういうソフトは、実際に作りながら覚えていくのが何やかやで一番早い気がします。そんなわけで皆さんも、オリジナル交換ノートを作ってコミュニケーションをはかってみてください。相手がいない人は、自分用の記録にしちゃうのも手なんじゃないかと思います。レッツノスタルジック!