読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学院生のブログ

人生まるごと今後の課題

個人的に好きな「重音テト」楽曲リスト

ニコニコ動画

性懲りもなく重音テトへのラブレター。テト曲の中で個人的に思い入れのあるものを、いっぺんまとめておこうという趣旨。体系性もとくにない。「重音テト」へ贈る、一方的なラブレター - 大学院生のブログでやろうと思っていたのだけれど、案外長くなってしまったので(オタクは話が長い)、記事を分けた。

VOCALOID曲をカバー系

【重音テト】夕日坂【連続音デモ】 by kappa 音楽/動画 - ニコニコ動画

たまげたね。こないだまで機械音丸出しでケロケロ歌ってたテトが、とんだ本気を出してきた。
「連続音」音源が登場したときのショックは未だに忘れることができない。「とんでもねえことになった……」と震えたものだ。単独音より少し幼さが加わったような声で、それもまた可愛い。

【重音テト連続音】 ロミオとシンデレラ 【UTAUカバー】 by 村田P 音楽/動画 - ニコニコ動画

【重音テト】椿の花【連続音実験版】 by kk 音楽/動画 - ニコニコ動画

これらも連続音にたまげた曲。機械音バリバリの単独音しかなかったときは、それに慣れることを「テト耳」とまで呼んでいたのに。まさか歌詞を聞き取れる日が来るだなんて思っていなかった。

ジャズ系

【重音テト】記憶庭園【オリジナル】 by rainyday 音楽/動画 - ニコニコ動画

5拍子の曲ってあまりお目にかかることがない。指でトントンしてリズム取ってみたけど難しい。なぜか頭に残るのは、「初期テト音源なのにウィスパーっぽい」という調声のうまさと歌詞の雰囲気によるものか。好き。

激しい系

【重音テト連続音】えれくとりっく・えんじぇぅ 骨盤P Ver【UTAUカバー】 by 村田P 音楽/動画 - ニコニコ動画

しっとりしたバラードもいいけれど、テトにはこういう激しい曲だって似合う。テトのことを「究極のボトムアップ型アイドル」と呼ぶ記事があったらしいけれど、テトロックからはそんな、道を切り拓いていく強さを感じられる。(「VOCALOID曲をカバー系」に入れるか迷ったが、アレンジなのでこちらに入れた。)

【重音テト・初音ミク】 Tube Screamer 【オリジナル】 by しめさば 音楽/動画 - ニコニコ動画

「UTAUをメタらせる祭り」参加作品とのこと。テトはミクと一緒に歌うとかなり相性がいいらしい。『Alive』なんかでもミクさんと一緒でしたね。あれも好きです。

重音テッド系

【UTAU】月光姫(オリジナル)【重音テッド】 by いまりむし 音楽/動画 - ニコニコ動画

重音テトの「ジェンダーファクター」を+30に設定すると男声っぽくなる。その愛称が「重音テッド」。いわゆる性転換VOCALOIDと同じような感じだ。この曲はそんなテッド曲を漁っていて見つけた曲。テーマも好きだしピアノも死ぬほど好き。ところでベートーヴェンの「不滅の恋人」ってロマンですよね。あんな情熱的なラブレターとかもらってみたいものだなって思います。

【重音テッド&テト】 ミゼラブル 【オリジナル】 by デスおはぎ 音楽/動画 - ニコニコ動画

今では『命短し恋せよ乙女』でミリオンヒットを飛ばす、大人気のデスおはぎP。そんなPにも再生数4672回(記事執筆時現在)という曲がある。それがこの『ミゼラブル』。投稿時から大好きで、再生数のうち何割かは私なんじゃ……?ってくらい。好き。

【重音テトオリジナル】虚実快楽【テッドもいるよ】 by ゎぃ 音楽/動画 - ニコニコ動画

「歌ってみろ」タグからも分かるように、ものすごいスピードの曲。でもそれがいいんですよ。歌詞に関しても、「全ての核心に麻酔をかけ」「硝子体に色彩を」っていう絶妙な厨二感がたまらない。私の心の中の中学二年生が猛烈に喜んでいる。

おれらのうた系

【重音テト】お前の年収低すぎ【オリジナル】 by kihirohito 音楽/動画 - ニコニコ動画

意味不明なテトの3Dモデルがいい味を出している。2ちゃんねる発だけあって、「おれらのうた(=何かと人生行き詰まった感じの歌)」を歌わせたらやっぱり似合う。この曲は友達から紹介してもらった曲で、「まったく嬉しくないパンチラが見られるよ」っていう誘い文句だった記憶がある。確かにな。

【重音テト】そんな気持ちぐらいは誰にでもあるって言われてもみんなニk by 薄塩指数(ウスシオシスウ) VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

タイトルからして共感できる予感しかない。弱っているときに聞いてうっかり泣いてしまった。
「働きたくない生きたくない死にたくない何もない」と、弱った人間の心情をストレートに表現した歌詞であるにも関わらず、曲調は明るくてハイスピード。救われた気分になる。「『それがはお前が未熟だから』って言った奴全員殴る」そうだ!その意気で生きていこう!

切ない系

テトルカミクリンオリジナル曲「サヨナラの瞬き」 by もそもそP 音楽/動画 - ニコニコ動画

「明日が晴れるかどうかを待つより 雨でも行くと言ってよお願い」っていうのがともかく切ない。曖昧な関係のままだと、ちょっとした口実でデートがなしになったりとかする。天候なんてその代表格。そうじゃなくて、「雨でも行く」って言って欲しいんですよこっちは。お気に入りの靴が台無しになってもいいからさ。

【重音テト】約束【オリジナル曲】 by A-9 音楽/動画 - ニコニコ動画

作者であるA-9氏の説明によると「冬向けのADVっぽい曲を作りました」とのことだが、まさにそんな感じ。当時、この曲を聞いただけでめっちゃアイディア浮かんできて、うっかりギャルゲー1本作りそうになった。そのときのシナリオはまだ温めたまんまだし、そのうちどこかに出したいのだけれど。

【重音テト】 アイスクリーム 【オリジナル】 by tamaGO VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

「いつか夢だったミュージック 趣味になりつつある」っていう歌詞が胸に痛すぎる。だってまさにブログを書いている今がそうだもん。小説家になってみたかったです。

かと思えば次は「老けてく肌を隠して 息、続けるしか他がないのよ」。殺す気?
実写PVってあんまり見かけないけど、これはとても雰囲気がいい。あと流れてくるコメントで「東京にはいつもお祭りみたいに人がいるね。」っていうのがあって、それがなんとなくツボでした。

このリストには珍しく、めちゃくちゃ最近の曲。なんと投稿は去年のクリスマス(1ヶ月経っていない!)である。

テト成長したな系

【手描きPV】耳のあるロボットの唄【重音テト】 by なおとえぬ 音楽/動画 - ニコニコ動画

youtu.be

全ての始まり、『耳のあるロボットの唄』を、作者である耳ロボPがセルフカバー(アレンジ)したもの(上は原曲のPV)。使っているテト音源が新しい音源じゃなくて初期音源っていうのが泣きどころ。そうだね、全てはここから始まったんだね。個人的に、テトがこの曲をVOCALOIDや他のUTAUと一緒に歌っていると泣きそうになります。例えばこれ。

【KAITO】「耳のあるロボットの唄」を歌ってくれました。【テトカバー】 by 火是 音楽/動画 - ニコニコ動画

KAITOの優しい声を支えるテトのコーラスに泣ける。ちなみに初のUTAU→VOCALOIDカバー曲がこれです。もう一人じゃないんだね。

【重音テト】おちゃめ機能【PV】 by chiii 音楽/動画 - ニコニコ動画

テトと言えば『おちゃめ機能』を語らずにはいられない。ひさびさにのぞいたニコニコ動画で、テト発祥のブームが起こっているなんて目を疑った。テトもここまで来たんだなあ。
とはいえ、私が語りたいのは『おちゃめ機能』という曲そのもの。歌詞の解釈がしばしば難解なゴジマジPだが、この曲の解釈もなかなか難しい。
それでもゴジマジP自身の説明や、この曲を機に「ラマーズP」名義でのテト曲は終了……という状況を考え合わせると、テトとの出会い、そして別れまでを歌った切ないラブソングという姿が浮かび上がってくる気がする。個人的に「この解釈でいいんじゃないかな」と思ったものがネットにあったはずなのだけれど、探しても見当たらない。今度からちゃんと保存しておかないと……。
個人的には「地球の裏側まで 僕を運んで 一番綺麗な花 探しに行くんだ」という歌詞が泣きどころです。私みたいな根暗オタクの心まで明るくしてくれるんだから、アイドルはすごいよね。

piapro(ピアプロ)|オンガク「ニライカナイ」

ケトラPよ!!!!!なぜ!!!!そなたは!!!!!曲を!!!!!削除するのだ!!!!
いや仕方ないです。ただのファンにやいやい言う資格は無い。でも寂しい。
この「ニライカナイ」は、テト曲の中でも1、2を争うレベルで好きだった曲。そもそもシーラカンスっていう魚が好きなんです。ロマンの塊じゃないですかあんなもん。水族館行ってもずっと見とるわ。
そしてこの曲、2011年に「シーラカンス」というタイトルでアレンジバージョンが公開された。こっちも超カッコよくてうっかり失禁しそう……なのだが、ニコニコ大百科にもある通り、ケトラPはよく曲を削除してしまう。「ニライカナイ」は現在もピアプロで公開されているが、「シーラカンス」のほうはもう……。
Youtube上には無断転載された楽曲があることにはあるが、「削除した曲が転載されている状況」をケトラPがどう思うか分からない以上、そのURLを貼ることは私にはできない。再投稿される日が来たら、死ぬほど宣伝します。

今回はとりあえず、ぱっと思いつくものだけ羅列してみた。こうやって並べてみると、やはり2009年〜2010年くらいの曲が多くなった。最近はあまり追えていないので……。また思いついたら追加などするかもしれません。このまとめでテトファンが1人でも増えれば幸い。